彼氏がいればハイジニーナ脱毛後、相手になんと言えばいいかで悩む方が多いですが、あまりに重く受け止めないで気軽に相談してもいいでしょう。
生理中不快な症状を緩和したいといった理由をしっかり説明してみて下さい。
どうしても彼氏に相談したくなく、生理時かぶれると毛の量を調整してこっそり脱毛してる方もいます。
そうしたことをしなくても女性箱のメリットの多い脱毛ということをしっかり説明するとわかってくれると思います。
彼氏に説明する
デリケ—トゾーンは人の体でとても敏感部で、その重要な場所を脱毛しますから、どこで脱毛するかが問題。
ハイジニーナ脱毛はサロン、クリニックなど選択肢がありますが、両者で違いがあり、ハイジニーナ脱毛は痛みや肌トラブルなど肉体的負担、恥ずかしさなど精神的負担を伴うことがあり、足、腕を脱毛するときより慎重に選ぶことがだいじです。
そしてハイジニーナ脱毛に不安があるとすれば痛みでしょう。
デリケートゾーンは他のところに比べ毛根が皮膚深くにあって、それ脱毛時強い痛みになり、エステでの脱毛はこれが少なく、ほとんど感じないということが特徴。痛みに弱い方はサロンで行ってください。
傷みが少ないサロンで特に痛みがないといわれてるディオーネは、ハイパースキン脱毛法があり、今まで毛根を焼くタイプとちがって、肌の毛の種に特殊な光を当てて発毛を要請します。
これなら肌に余計な負担を抑えられるはずでしょう。